ツナガルワタシーヒビノキロクー

ファミリーコンステレーション、オンライン読書会、占星術&数秘の学びと実践、モノづくりの記録

第2回ファミリーコンステレーション基礎的研究レポ

9月18日土曜日、「ファミリーコンステレーション基礎的研究」in滋賀を開催いたしました。

今回は、コロナによる非常事態宣言のため、あまり大々的に募集は控えていたのですが、こくちーずや検索エンジンで見つけていただいた方にもご参加いただくことができ、少人数ながらも、深い学びの1日となりました。

 

勉強会はまず瞑想からスタートします。
瞑想は、グループ内の意識の共有化や、お互いの無意識へのアクセスを許可する、そして場へのグランディングなど、大切な役割を果たします。

この場を参加者全員で作り上げる意味もあり、短いながら大切な時間です。

f:id:nakayuu13:20211017224848j:plain

 

最初のエクササイズは、「自分」と「自分の感情を乱す人(イライラさせられる人)」と「感情」の間に起きていることを見る、でした。

この場合、イライラしている者同士の間には、何らかの共通する因子がある、それを見てみよう、という目的です。

 

私の場合、私の感情の代理人がよそを向いているのに、私の代理人はやたら元気で前向きという動き。

なんだこれ?
なんか元気になって本来の感情を観ないことにしている状態。

心理学をめっちゃ学んだ人によくある傾向らしいです。
あはは、ぐうの音もでんわ。

先月、こんなことを書きながらも、まだまだ修行中だなぁーを体感しました。

yunaka13.hatenablog.jp

 

この日もこれを含むエクササイズ2つ、働きかけ(コンステレーション)2件でした。

f:id:nakayuu13:20211017224921j:plain

最初のエクササイズの後、働きかけをするのですが、思いがけず大きなテーマが浮かび上がってきました。

 

これまでもカウンセリングでトラウマを扱う時に、「大災害や戦争など、社会的に大きく影響したものが、個人のトラウマ大元となって起こることがある」と学んできました。

多くのコンステレーションを見てきましたが、各時代の戦争であったり、大災害であったりが原因となっていることも珍しくはありません。

 

今回も、ある方の働きかけの中で「戦争」という大きなテーマを取り上げざるを得ない展開になりました。

コンステレーションの場は、参加したそれぞれのエネルギーや持っている問題によって、何が出てくるのかは予想できません。

またそれが、自分とつながる人が原因ではなく、ゆかりの土地に住んでいた、が原因の場合もあります。

コンステレーションでは、そんなパターンの問題を取り扱うこともよくあるのです。

 

今回ご参加の方は、いきなり大きなテーマが出てきて、最初は驚かれてましたが、起きたことが自分にどのような影響を及ぼしているのかを知る良い機会となったようです。

 

ご参加いただいた方のご感想です。

ファミコン(ファミリーコンステレーション)のよさは、一人のテーマをみんなで参加して解決できること。みんなの心が良い場を作り出していて本当によかった
・戦争がテーマとなり自分の無知さも確認しました。いろいろと知っていこうと思います。
・まったく初めてでドキドキでしたが、参加できてよかったです。
・自分の原点につながる発見がありました
・当日出てきた話題がくみ取られ進んでいくのが自然な流れの力を感じました

 

講師、主催者の所感です。

(講師:吉川さん)
2回目ですが、取り上げる問題が、一つ一つ回を重ねるごとに深くなっている気がします。受講いただいている皆さんが場を形成しているように感じます。

(スタッフ:畑中さん)

扱う問題も深かったですが、よりタイムリーな問題が浮き上がったように思いました。
今、私たちが抱える変なモヤモヤ、、、ぎこちない世間の動き。、その裏の要因の一つを出せたのではないでしょうか?

 

この日も活発な質問や応答があり、おひとりの問いかけが皆さんの学びになるという熱い1日でした。

コンステレーションを学ぶ、ということは自分自身を知り、自分を信頼することにつながっていく、そう信じて勉強会を続けていきます。

 

次回は11月19日金曜日、その次は2022年1月15日土曜日を予定しています。

場所は、初回に戻り、琵琶湖のほとりの「ピアザ淡海」での開催となります。
母なる湖、琵琶湖のほとりで、自分らしく生きる方法を学んでみませんか。

次回のご案内はこちらです↓

www.kokuchpro.com